読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだことないの?日本人なら読むべき手塚治虫のおすすめ漫画10選

f:id:me-0shiki:20160619221349j:plain:w640
引用 : http://meigen-ijin.com/tezukaosamu/

漫画の神様。

そう称された手塚治虫さん。

鉄腕アトムや、ジャングル大帝など手塚治虫さんが描いた漫画はいくつか知っていると思います。

ただ、作品を丸々読んだことはあるでしょうか??

おそらく多くの方は、名前だけ知っていて実際に読んだことがないと思います...

ということで、今回は手塚治虫さんの作品の中でも、僕の特に好きな作品を10つピックアップして、ランキング形式でまとめました!

気難しいイメージがありますが、読んでみるとそんなこともないですよー!


手塚治虫のおすすめ漫画 : 10位 海のトリトン

もう本当に感動する作品です。

アニメ作品の方が有名で誰もが一度は聞いた事があるタイトル。

ただ、、その原作を知っているでしょうか?

そこに描かれている内容は、アニメよりも遙かに残酷な人間模様を描いた、壮大なストーリー。

アニメを知っているいる人も知らない人も一読の価値はありです。


手塚治虫のおすすめ漫画 : 9位 mw

こちらも感動の名作。

手塚治虫最大の問題作と言われている本作。

しかし、読了後、率直な感想として今の社会観念からは一体どこが問題作なのかわかりませんでした。なので今回は9位。

この作品を読む事で、今の日本とmwが描かれた時代の日本との価値観の違いを知れる貴重な作品でもあります。


手塚治虫のおすすめ漫画 : 8位 火の鳥

代表作にしてやはり外せない超名作。

不死鳥『火の鳥』を通して過去と未来をまたにかけながら人間の、そして地球のを描く圧倒的に壮大な物語。

人間の醜さ、あるいは人間の美しさ…それら全てを内包した作品となっています。


手塚治虫のおすすめ漫画 : 7位 ブラックジャック

これは超有名ですね。

医者としての免許を持っている手塚治虫だからこそ描けた、医療の裏側を描いたマンガ。

残酷でありながらも考えさせられる短編作品が山のように詰まっている。

こんなマンガが少年誌で連載されていたとは今では考えられません。


手塚治虫のおすすめ漫画 : 6位 きりひと讃歌

7位に引き続いてもう1つの医療マンガを。

話の内容としてはブラックジャックの短編を深く深く掘り下げたような内容。

『きりひと讃歌』は連載その物が青年誌であった事から、闇の深さも深い物になっています。

それ故に好き嫌いが別れる作品かも知れないですね。


手塚治虫のおすすめ漫画 : 5位 ブッダ

釈迦の人生を描いた唯一のマンガ作品。

それゆえに宗教色が強いと思って手に取る人が少ないが、そこは手塚作品。

仏教が分からなくても、全然大丈夫です!

仏教に興味のない人間や他宗教の人間でも読める内容になっています。

神と呼ばれた男が描いた、神の物語。


手塚治虫のおすすめ漫画 : 4位 やけっぱちのマリア

後述する3位と双璧をなす全てのラブストーリーの頂点に君臨する涙なしには語れない究極の物語。

ただしその内容は『mw』よりも反社会的で、色々と闇の深い作品となっている。

『ラブストーリーは大嫌い。』

『愛なんて糞だ。』

と思っている人に、唯一進められる恋の物語。

最近の臭いラブストーリーにうんざりしている人には、ぜひ読んで欲しいですね...


手塚治虫のおすすめ漫画 : 3位 るんは風の中

『やけっぱちのマリア』と対をなすもう1つのラブストーリーの頂点。

やけっぱちのマリアがファンタジーなのに対して、こちらはリアルな日常を描いた作品。

それゆえに言ってしまえば面白みが薄い作品でもあります。

ただ、、意味のない日常をここまで面白く表現できた作品は他にはありません…


手塚治虫のおすすめ漫画 : 2位 地球を呑む

ありとあらゆる要素を内包したマンガの完成系。

これと同等の作品は作られても、これ以上の作品は存在出来ないのではないのかと思えるほど。

目を見張るストーリー展開に、張り巡らせられた伏線、そして完璧な落ち。

正直これは面白すぎます!


手塚治虫のおすすめ漫画 : 1位 アドルフに告ぐ

『地球を呑む』でべた褒めをした後で、それより上の作品があるのか…って感じですよね?笑

正直ここにあげた作品の順序は今の気分です!

どれもがお勧めで、これだ!って決めにくいんですよね。

ただ、今の気分が『アドルフに告ぐ』でした!

アドルフに告ぐ…そのタイトルに込められた衝撃の意味を是非読み説いてください。