読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneのシリアル番号が1分でわかる裏ワザ!製造日・生産国が分かる!?

f:id:me-0shiki:20160418115749j:plain

iPhoneについてる「製造・シリアル番号」とは?

iPhoneのシリアル番号とは、製造されたときに使われる番号のことです。製造番号と呼ぶことも。

シリアル番号はiPhoneを識別するために使われる番号なので、正規のiPhoneには必ず記載されています。

シリアル番号は主に、「iPhoneの修理」の問い合わせ時に必要となってくる数字です。それ以外は日常生活であまり使用しません。というか存在すら知らないひとも多いかもしれませんね。

ですが、このシリアル番号は上手く利用すると、iPhoneの様々な情報を読み解くことが出来るようになっているんです。

くわしい読み解き方については「シリアル番号がわかると、製造日・生産国が分かる...!?」でお知らせします!

超簡単!製造・シリアル番号の調べ方

調べる方法は超簡単。

まずは「設定」>「一般」>「情報」を開いてください。

少し下にスクロールすると「シリアル番号」という欄があると思います。

f:id:me-0shiki:20160418115749j:plain

そこに書いてある番号があなたがつかっているiPhoneのシリアル番号になります。

これで確認は完了です。

ちなみに、シリアル番号がわからなくても「IMEI/MEID」と呼ばれる番号を使って調べることも可能です。

詳しくはAppleの公式ページをご覧ください!

support.apple.com

iPhoneが手元になくても、アレがあればOK!?

手元にiPhoneがない場合でも、「シリアル番号」を確認する方法もあります。

その際に必要なのは「iPhoneが入っていたハコ」。

f:id:me-0shiki:20160418115750j:plain

このハコにもシリアル番号が書かれているので、いざという時に活用してみてくださいね。

f:id:me-0shiki:20160418115753p:plain

シリアル番号がわかると、製造日・生産国が分かる...!?

さて、自分のiPhoneのシリアル番号が分かったところで、実際に「製造日・生産国」をチェックしていきましょう。

今回使うツールはこちら!

Klantenservice: Serienummers

URL先に飛ぶとアルファベットだらけで少し怪しい印象。

ただ手順はすごく簡単なので、手順を見ながらゆっくりと進めていきましょう。

f:id:me-0shiki:20160418115754p:plain

まずは、入力欄には何も入力せず、「Leet de infommatie zien」と書いてあるボタンを押してください。

f:id:me-0shiki:20160418115755p:plain

次に「Serial number」の入力欄に自分のiPhoneの「シリアル番号」を入力。

最後に「Submit」を押したら完了です。

<製造日の確認方法>

f:id:me-0shiki:20160418115756p:plain

production week → 製造日 production year → 製造年 となっています。

今回だと、「2015年2月6日」に製造されたということになりますね。

またこのツールを使うと、製造年・日以外の情報もチェックすることが可能です。

f:id:me-0shiki:20160418115757p:plain

「Memory - maximum total」は、いわゆる「RAM」の容量。

「Factory」では製造された工場を詳しく確認することも可能です。

僕のiPhoneでは「Chaghai China」となっているので、中国の上海で製造されてものだとわかりますね。

f:id:me-0shiki:20160418115758p:plain

さらに

CPU speed → CPUの処理速度 Screen size → スマホ画面のサイズ(インチ) Screen resolution → スマホ画面の解像度

を調べることも可能です。

iPhoneをソフトバンクやauといったショップで買った場合や、AppleStoreで直接買った場合は安心ですが、中古で買った場合はやっぱり心配になりますよね。

そんなときには今回紹介したツールを使って、サクッと調べて見るのがオススメです。

また、中古で売るときにも、相手に信頼してもらうために「シリアル番号」を教えるものいいかもしれません。

ただ、今回のように「シリアル番号」さえわかれば、iPhoneの情報はダダ漏れです。

くれぐれも簡単に教えたりはしないようにしましょうね!