え?知らないの?名作なのに誰も知らないマイナーマンガ10選

f:id:me-0shiki:20160617190604j:plain

こんなに面白いのに、誰も知らない...

みんなに教えたい...

そんな僕の中でも隠れた名作を10つピックアップしてまとめました!

なんか新しいジャンルのマンガ読みたいな...

なんて人におすすめな作品ばかりですよー!

必殺技なしのリアルバスケ漫画 『アイル』

バスケを題材に描かれた青春グラビティー。

スポーツをテーマにしているが、同じバスケットを扱っている「黒子のバスケ」とは違い、超人技や必殺技はできてきません。笑

バスケよりも少年の成長に主点を置いているのが大きな特徴の異色作。

「テガミバチ」で知られる漫画家、浅田弘幸の代表作の1つ。

フィギュアスケートの裏側が見れる『アイレボ』

フィギュアスケートを題材にした珍しいスポーツ漫画。

見た目も性格も男勝りの主人公大沢真崎が偶然助けられたフィギュアスケーター橘カオルに憧れ、フィギュアスケートの魅力にひかれていく・・・。

物語序盤、主人公の真崎は女子高生というより男子高生だがある話をきっかけに美少女に変身を遂げるのが大きな見どころ。

ちなみに少女漫画風のこの作品、掲載雑誌はあの「ジャンプSQ.」である。

冒険ファンタジーの隠れ名作 『magico』

世界中から狙われている少女エマとエマを救うために活躍するシオンの冒険ファンタジー。

エマを救うために様々な儀式に挑むのが大まかな流れであり、バトルにギャグ、大会と王道の良いとこがすべてこの作品に凝縮されている。

ファンタジーが好きな方なら絶対に好きなれる、そう自信を持って推薦できる作品。

コメディー&SF『μ & i』

つい先日、最終巻が発売されたきただりょうまのデビュー作。

物語の中心人物みゅぅをはじめとする「最後の世代(ラスト・チルドレン)」とその周囲にいる人々を描いたSF作品。

ただ、この「最後の世代」が目を奪われるほどの破壊力を持つ。

SF作品ではあるが、コメディー要素が強く誰にでも親しみやすい少年漫画。

初めてのラブコメにおすすめ!『長門有希ちゃんの消失』

「涼宮ハルヒシリーズ」のスピンオフ漫画。

2015年にアニメ化も行われました。

超能力や超常現象をテーマ本編とは異なり、こちらで描かれているのは普通の女子高生長門有希を取り巻く日常。

本編と異なり感情豊かな主人公長門有希の奇想天外な行動に思わずニヤニヤしてしまうこと間違いなし。

「涼宮ハルヒシリーズ」に触れたことがない方でも楽しめるラブコメ作品。

ファンタジー系ラブコメ『パジャマな彼女』

現在、アフタヌーンにて「はねバト!」を連載中の濱田浩輔の前作。

幽霊になってしまった幼馴染音巻まくらを救うために主人公目覚計佑が奮闘するラブコメ漫画。

序盤は「眠り姫」をベースにしたファンタジー要素が色濃く、ミステリアスな展開もあるのが大きな特徴。

この作品を最後に「ジャンプ」から離れるが、現在連載中の「はねバト!」の成功につながるターニングポイントとなった重要な作品。

全3巻でサクッと読める!『鏡の国の針栖川』

「ニセコイ」、「パジャマな彼女」と共に同時期に「ジャンプ」に掲載されていたラブコメ作品。

(同時期にジャンプでラブコメが3作連載されるのは異例の事態)。

ヒロイン里見真桜が手にした鏡をめぐる男女の三角関係をテーマにしたオーソドックスな作品であり、ここのところラブコメに多いハーレム展開は一切ない。

全3巻であるためストーリーは短め。

作者は「プリティフェイス」や「エム×ゼロ」で知られる桂正和、それだけにこれだけ濃密な漫画を作るのはさすがの一言です。

ハーレムラブコメに疲れた方、これからラブコメ漫画を作ろうとしている方には是非読んでほしいラブコメの教科書。

アニメ化もされた隠れ人気漫画!『テガミバチ』

アニメも制作され、昨年完結した幻想的なファンタジー作品。

人口太陽に照らされる世界をテーマに国家公務員「テガミバチ」が人々の思いを込めた「ココロ」を送り届けるハートウォーミングなストーリー漫画。

(1)で紹介した「アイル」とは正反対の作風となっています。

類を見ないほど泣き虫な少年ラグ・シーイングが主人公であることが大きな特徴であり、物語の中盤までは頻繁に泣く。

この作品のお蔭で勇気をもらった泣き虫も多い。

現実世界×絵の世界『幻覚ピカソ』

現実世界と絵の世界、2つの世界から描かれる異色の作品。

クラスメイト山本千明を失った少年羽村ヒカリが同級生を心の闇から救うべく、自身が描いたスケッチ画にダイブしトラウマから解放していく。

連載期間は短かかったものの、インパクトのある構成とえんぴつを使用した作風が読者に強烈なインパクトを残した名作。

最終回は涙なしでは読めない。

本格卓球漫画!『 P2! 』 

一時期ジャンプで連載されていた「卓上のアゲハ」よりもはるか前に連載されていた本格卓球漫画。 作風は「ハイキュー!!」と「アイル」に似ており、卓球のルールを丁寧に説明しつつ、超人技はこちらも一切ない。

展開はあまり早くないがその分主人公の成長を鮮明に描いている数少ない作品であり、ジャンプのテーマ「友情」、「努力」、「勝利」を最も体現している作品でもある。

スポーツが好きな方ならだれでも熱くなれる、そんな隠れた名作。