読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再現度高すぎ!大人がガチで戦う"まくら投げ大会"があるって知ってる?

f:id:me-0shiki:20160614230746j:plain

どうもこんにちはー!

突然ですが、まくら投げってしたことありますか?

やっぱりまくら投げといえば、修学旅行のテッパンですよね。

そんな学生時代の思い出がつまりにつまった「枕投げ」を大人がガチでやるという超シュールな大会があるって知ってますか?

それが、

全日本まくら投げ大会

名前を聞いただけだと、吹いてしまいそうですが、調べてみると意外としっかりしてるみたいです。

全日本まくら投げ大会とは?

全日本まくら投げ大会

この超意味不明な大会が行われているのは、静岡県伊東市。

温泉が観光地として有名な伊東市ですが、まさか「まくら投げ大会」を行っているとは...。

しかも、今年で第四回目。

ただのまくらの投げ合いも面白いかもしれませんが、れっきとした大会なので、大会ルールがしっかりとあって、これがまた面白いんです!!

まくら投げのルール

ルールはシンプル。

5人の選手が布団に入りスタートし、対戦チームの大将にまくらを先に当てた方が勝ちというルールです。

また、相手の選手にまくらを当てれば、ドッジボールのように退場させることができます。

逆に、当てられると退場になります。

f:id:me-0shiki:20160614231729p:plain

ちなみに、まくらを当てられた選手は、自分の布団に戻って寝たふりをしないといけませんw

このまくら投げは1チーム8人制で、ポジションが4つあります。

  • 大将 1名
  • リベロ 1名
  • 選手 3名
  • サポート 3名

この意外とポジションが結構重要。

ということで、次はポジションについて紹介していきます!

大将

f:id:me-0shiki:20160614223302p:plain

大将が当てられたらそのセットは負けとなる。

大将にまくらがあたった瞬間負けになります。

なので、大将のやることはただ一つ

「とにかく逃げる」

逆にいかに、相手から攻撃をよけながら、相手の大将を狙うかがミソになってきます。

▼詳しい大将の動きはこちら


リベロ

f:id:me-0shiki:20160614223436p:plain

続いてリベロ。

掛け布団を使って、相手からの攻撃をジャマすることができます。

・リベロは、残り30秒までは、枕に当たっても防御を続けることが出来る。

・残り時間が30秒になったら、主審は笛をふき、「リベロ終了」とコールする。

・コール後は、リベロは布団を置き、通常の選手と同じく、攻撃をすることが出来、試合終了まで生き残った場合は、1人にカウントされる。

リベロは基本的に、守りの選手です。

ただ、残り30秒になると攻撃に参加することができるようになります。

試合後半になるにつれて、ヒートアップしていく仕組みが面白い。笑

▼詳しいリベロの動きはこちら


サポート

f:id:me-0shiki:20160614223456p:plain

最後にサポート。

・サポートは自陣の競技エリアの外側に配置し、自陣競技エリアから出た枕(自陣の畳の縁に掛っているものも回収 可)を回収し、指定の位置(図面参照)から自陣に戻す。

・競技エリアには入れない。

サポートは競技エリアに入れず、基本は外にでた枕を回収するだけのポジションです。

ただ、サポートがやるのは枕の回収だけではありません。

・サポートは、「先生がきたぞォ~」コールをすることが出来る。

「先生がきたぞォ~」コール!?( ゜Д゜)

確かに、修学旅行とかでまくら投げをしてると、必ずといっていいほど先生にバレましたよね。笑

こんなところまで再現されてるとは!

しかしこのネーミングセンスw

▼詳しいサポートの動きはこちら

ただ、このネタ臭がすごい「先生がきたぞォ~」コールですが、

試合の勝ち負けを左右するくらい、結構重要なんです...

「先生がきたぞォ~」コール

f:id:me-0shiki:20160614223515p:plain

コールすることで、10秒間だけ、敵陣にある枕を回収することが出来るようになります。

各チーム1試合につき1回しか使えません。このコールの使いどころ次第で、勝ち負けが左右されます。

またコールした側と、コールされた側でも動きが異なります。

・コールしたチームの大将の動き
コールしたチームの大将は、主審の笛の合図後、敵陣(サポートエリアも含む)にある枕を回収することが出来る。

コールしたチームの大将は、敵陣の枕を回収。

・コールされたチームの大将の動き
コールされたチームの大将は、主審の笛の合図で、自陣の畳上に敷いてある布団で寝たフリをする。

一方コールされたチームの大将は、寝たフリをしないといけません。

寝たふりって。笑

初めルール聞くと笑えるんですが、細かいところまで結構作りこまれてるのがシュールで面白いんですよw

まとめ

これだけでも、もうすでにやりたくなってませんか?

『一般の部』も『子供の部』もあるので、ぜひあの頃の思い出を、もう一度味わいに行きましょう!

第4回全日本まくら投げ大会 in 伊東温泉