海外移住におすすめな国7選!生活費が月10万円以下に!?

f:id:me-0shiki:20161117161050p:plain

突然ですが皆さん!

「安い国に海外移住してのんびり過ごしたいな・・・」

なんて思ったことないですか?

僕はいま大学2年なのですが、すでに海外移住してのんびりしたくなってきました。

(もうちょっと頑張れよ)

コレ読んだからかもしれませんが。笑

と、そんなわけで、今回は10万円あれば普通に暮らせる国をピックアップしました!

実際に海外移住している方のブログを確認して、1ヶ月の生活費(目安)、メリット* デメリットもまとめておきましたので、ぜひ参考に!


1.フィリピン 8〜12万円

f:id:me-0shiki:20161117161100j:plain

まず第一カ国目は、フィリピン。

個人的なイメージとしては、自然がたくさん残っていて海がきれい。そして、エロい。

  • 生活費合計 8〜12万円/月
  • 食費 4万円〜
  • 家賃 3万円
  • その他 3〜4万

まじか。くそ安いじゃん・・・ 円安になってきているので、多少は前より高くなったみたいですが、まだこの値段。

まじでありだな。

肉は日本の1/3、魚は1/2くらいだそうで、決して品質も悪くはないとのこと。


メリット|医療制度・暖かい気温・日本食が充実

 医療水準は非常に高い

意外と知られていませんが、医療水準は高いそうです。

アメリカで医療を勉強した医師や看護師がフィリピンの病院に勤めているからだそう。

総合病院には日本語が話せるスタッフが駐在しているので、もしものときも安心です。

 気温が暖かい

年平均気温は26~27℃。ほとんど沖縄と同じような気温。

 日本食のレストランが多い

海外移住でネックになってくるのが食。

フィリピンは海外の中でも日本食が食べられる店が多く、ラーメンやお寿司も食べられるそうです。


デメリット|電気代&衣類が高い

 電気代が高い

盗電が多いみたいです・・・

 衣類が高い

それなりの品質のものを買おうとすると、日本の1.5倍くらいするそう。

でもここらへんはなんとかなりそう。

実際に移住された方のブログではセブ島に移住して、生活費は12万ちょっと。(うち飲み代が4万。笑)

住んでるのは、ちなみにシェアハウス。それでも安い。

たしかに記事を見る限りでは、贅沢はしてないみたいですが、そんなにも我慢している様子もありませんでした。

10万あれば、最低限の生活。

20万あれば、かなり豪華な生活といったところでしょうか。

ふぅ、ブログ頑張ろう・・・


2.マレーシア 9万〜11万

f:id:me-0shiki:20161117161126j:plain

続いて同じく東南アジアのマレーシア

個人的にはラフレシアのイメージしかないです。

  • 生活費合計 9万〜11万
  • 食費 3万
  • 家賃 3万〜5万
  • その他 2万〜3万

金額的にはフィリピンと同じくらいですね。


メリット|ご飯がおいしい・家賃が安い・安全な治安

 

 ご飯がおいしい

マレーシアのご飯は日本食に似ているそうです。とはいえ、半年もいると飽きてしまうみたい。

 家賃が安い

普通の家なら安くて3万〜。5万だせば、場所によっては2LDKに住むことも可能だそう。(やばい)

 治安は悪くはない

怪しい所に行かない限り、ほとんど危険に遭遇することはないそう。これは日本でも同じですから大丈夫でしょう。

 親日家が多い


デメリット|車が必須・大気汚染

 車がないと不便

電車やモノレールが一応通っていますが、路線も本数も少ないため、車がないと相当不便みたいです。

 大気汚染が危ない

6月〜8月の乾季になるとヘイズという煙害が起きるそう。目がチカチカしたり、喉が痛くなったりするので注意が必要。

大気汚染系はいやだな・・・

日本みたいな引きこもり生活なら関係なさそうですが←


3.タイ 10万〜

f:id:me-0shiki:20161117161108j:plain

タイといえば親日国として有名ですよね。

  • 生活費合計 10万〜
  • 食費 4万円
  • 家賃 3万円
  • その他 3万〜

コレまた安い。


メリット|屋台&夜遊びが充実

 屋台やローカルなお店なら安くておいしい!

屋台ならライスヌードルが約180円。

コンビニの弁当でも約370円で食べられるそう。

月に何回か1500円くらい払って豪華に食べるのが一般的な食生活になりそう。

 夜遊びが充実

タイには、キャバクラや風俗が多いのは有名な話。

一般的に日本の1/2くらいの値段。

 一年中常夏

冬服が不要なので衣服費が減らせるかも。


デメリット|渋滞と排気ガス・ネット回線が遅い

 渋滞と排気ガスがヒドイ

急激に発展している東南アジアならではの問題。

日本の快適なくらしに慣れているとストレスにある人もいるそうです。

 ネット回線が遅い

これは痛い。ネットインフラが整っていない箇所があるため、事前にチェックしておいた方がいいそうです。

安いのはいいんだけど、ポイントは「誘惑に勝てるかどうか」ですね・・・笑

今のところは勝てる自信がないので、余裕ができたらの方が良い気がします。

4.台湾 9万〜11万

f:id:me-0shiki:20161117161141j:plain

こちらも親日国の台湾。

近場なので、スッと帰ってこられそうです。

  • 生活費合計 9万〜11万
  • 食費 3万〜4万
  • 家賃 4万
  • その他 1万〜2万

街の雰囲気も良さそうなのに、結構安く住めるんですね。


メリット|女の子が可愛い・Wifiが充実

 女の子が可愛い

移住したひとのブログを見るとやっぱり可愛い人が多いみたい。

これだけでも移住決定←

f:id:me-0shiki:20161117161150p:plain

こんな感じ期待してます・・・

 公衆Wi-Fiが充実

街に出ればWi-Fiがガンガン飛んでいるそうです。通信費の削減になりますね。

 安くて美味しいご飯

3食外食しても、ローカル飲食店で済ませれば一日1000円以下に。

 レンタル自転車で交通費が安くなる

台北市内に住むなら、U-bikeというレンタル自転車を借りればどこでもいけるそう。レンタル料は30分で約20円。


デメリット|公衆衛生が悪い場所も

 公共衛生が悪い場所がある

町によっては日本では考えられないくらい汚い場所もあるとか。でも海外に移住するならこれくらいは覚悟のことですよね。

デメリットがあまりない。

5つほど移住された方のブログを確認しましたが、デメリットとして書いてあることはほとんど許容の範囲でした。 例えば、

  • 人と人との距離が近すぎる ←これは人によりますよね。笑

  • 四季の変化にとぼしい ←まぁ国が違いますからね。笑

って感じの意見だらけでした。

なので、あまりデメリットはなさそうです。(まじで良さそう・・・)

移住している方のブログは読んでおくといいですよ!


5.インドネシア 9万〜11万

f:id:me-0shiki:20161117161100j:plain

ジャカルタが絶賛バブル中のインドネシア。

  • 生活費合計 9万〜11万 
  • 食費 3万〜4万
  • 家賃 4万
  • その他 1万〜2万

人口も多く、日本から海外移住された居住者も多いことで知られています。


メリット|日本人が多い

 日本人が多い

1万人を超える日本人滞在者から作られている日本人会の数も14団体と多いため、 現地での情報交換も可能。


デメリット|物価が高い

 お金の計算が面倒

インドネシアのお金ルピアはとにかくケタが多い。10000円をルピアに換算すると約1,000,000ルピアになるそう。(すげぇ)

 物価はそこまで安くない

タイやマレーシアといった東南アジアの国と比べると、特別安くはないそう。それでも日本よりはかなり安い。

 日本食や洋食を食べられるところは少ない?

都市部以外では日本食や洋食のお店が少ないため、キツイ人にはキツイ。

日本人が多いのはメリットぽいですが、僕は逆にあんまりいなさそうなニッチなところ住みたいので、うーんって感じです。


6.プラハ(チェコ) 9万〜11万

f:id:me-0shiki:20161117161216j:plain

続いてチェコのプラハ。

町並みは中世そのもの。ふつくしい。

  • 生活費合計  9万〜11万
  • 食費 3万〜4万
  • 家賃 3万〜
  • その他 2万〜3万

ヨーロッパにも関わらず、東南アジアと同じくらいの生活費で暮らせるそう。


メリット|物価が安い・医療制度が充実

 

 ヨーロッパの中でも特に物価が安い

隣のドイツと比べても物価が安いため、生活の基盤を置くのに適していると言われています。

大まかな物価感覚としては、野菜の値段は日本の1/2〜1/3くらい。

コーヒー1杯は200円以内で、卵10個が120円。

 医療制度が充実

移住した人によると「医療設備、レベルなどは日本とほぼ変わりません」とのこと。

ただ、外国人専用のプライベートクリニックになると、診察料がやや高めに。


デメリット|治安が良くない

 治安はよくはない

それでも日本と比べるとのとこなので、許容の範囲内。

プラハって画像検索すると、世界史の資料集でみたような中世の建物だらけ。これはウキウキする。

ヨーロッパって国によってはこんなに安くすめるんですね。


7.ポーランド  7万〜9万

f:id:me-0shiki:20161117161223j:plain

最後に、ポーランド。

さすがヨーロッパだけあって、町並みが綺麗ですね。

  • 生活費合計  7万〜9万
  • 食費 2万〜3万
  • 家賃 2万〜
  • その他 1万〜2万

今回調べた中で1番衝撃だったのが、このポーランド。

なんてったって、ちゃんと探せば2万円台でいいとこに住めるみたいです。

ほんと移住したい。

メリット|食費が安い・外国人にやさしい町

 食費が安い

パスタが1kgで100円以下、豚肉500gは150円とかなり安いので、自炊をすれば1.5万以下に抑えることも可能みたいです。

 外国人にやさしい

外国人向けにレストランのメニュー等も表記されているなど、外国人としてでもかなり住みやすいとのこと。


デメリット

 日本とは昼夜が逆転

時差の関係で、日本と直接コミュニケーションがとれる時間が限られるそう。ただ、今の時代はメールで事足りるので大丈夫でしょう。

海外移住先として最適?

台湾と同様に、5つほど移住された方のブログを確認しましたが、デメリットがほぼ書いてありませんでした。 「ポーランド語を学ばないとキツイ仕事もある」って書いてあったくらいです。 ネットで収益得ながらなら、かなり快適そうな印象でした。

実際に移住された方のブログでは、「そこまで気に入る街はさすがに珍しい。」というくらいイイそう。

ポーランドの女の子は可愛いのかな←

<まとめ>気になる海外移住先は、台湾かポーランド!

いろいろと調べてきましたが、個人的には台湾とポーランドの印象が良かったです。

安く住めるのはもちろんのこと、人柄が良かったりご飯のおいしいのがナイスでした。

とりあえず可愛いコが多い台湾には今すぐ移住したいです←

早くブログで収益だして、とっとと移住したい・・・

がんばらねば・・・