3分で分かる!「iPhoneの電源入らない」時の原因と対処法まとめ

f:id:me-0shiki:20160419022255j:plain

「ヤバい...!いきなりiPhoneの電源が入らなくなった!」

となっても、とりあえず焦らないでください!

  • なぜかiPhoneが異常に熱くなって電源が消えた
  • いきなりリンゴマークが点滅したり、タッチが効かなくなって画面が暗くなった
  • 操作中に画面が黒くなってしまった

などなど様々なケースがあると思いますが

もう一度言います。

焦らないでください!

正しい対処法を行わないと、iPhoneに入っているデータまで破損してしまう場合もあります。

ゆっくりと慎重に次の対処法を行っていきましょう。

対処法1.強制的に「再起動」

電源が入らなくなってから最初に試してほしいのが「再起動」です。

多くのケースはこの「再起動」で直る場合が多くなっています。手順はとても簡単なので、下の動画で説明をご覧ください。

対処方法2.15分〜1時間ほど充電

強制再起動でも電源が入らない場合は「充電」をしてみましょう。

ACアダプタ(家庭用コンセント)に接続し、自動的に電源が入るかどうかをチェックします。

充電時間の目安は15分〜1時間です。途中で抜いたりせず自動的に電源が入るまで待ちましょう。

家庭用コンセントから外したら、電源が落ちる...

iPhone内部の機能に問題がある可能性が高い状態です。

そのまま最寄りのAppleストアに修理に行きましょう。

www.apple.com

近くにAppleStoreが無い...という場合は、Appleがオンライン修理修理サービスを行っているので、問い合わせてみましょう。

getsupport.apple.com

電源が入った!でもリカバリーモードの画面がでる...

「やった!電源入った! でも、あ、あれ...なぜか画面がおかしい...」

そんなとき、下のような画面(iTunesマークとUSBケーブルの表示)になっていませんか?

f:id:me-0shiki:20160418115709j:plain

上のような画面が出た場合は、「リカバリーモード」からの操作が必要になってきます。

「リカバリーモード」については、対処法3で詳しく説明するのでこのまま読み進めてください!

対処法3.リカバリーモードで復元(要PC)

  1. PCの電源をつけ、iTunesを開く
  2. lightningケーブル(USBケーブル)を使って、iPhoneをPCに接続
  3. iPhoneの「ホームボタン」と「電源ボタン」を同時に10秒以上長押し
  4. PC画面上に表示されたポップアップを確認
  5. f:id:me-0shiki:20160418115710p:plain
  6. PC画面の表示に従い。「アップデート」を行う

アップデートを行っても電源が入らない場合は、もう一度1からやり直し、4のポップアップで「復元」を選択しましょう。

対処法4.カスタマーセンターに問い合わせ

1〜3の方法で電源が入らなった場合は、「Apple サポートへのお問い合わせ」を行いましょう。

下手に素人が触って状態が悪くなってしまうのが1番NGなパターンです...(心配になっていじってしまう気持ちはわかりますが...)

手が出せない状態になったら、iPhoneのプロに相談しましょう。

Appleへの問い合わせはこちら

困ったら自分で直すよりも、Appleに問い合わせよう!

「どうしても電源が入らなった場合」の問い合わせ方法を紹介します。

f:id:me-0shiki:20160418115711p:plain

電源が入らなくなったデバイスを選択しましょう。

f:id:me-0shiki:20160418115713p:plain

今回は電源が入らなくなるというトラブルなので、「バッテリー、電源、および充電」を選択

f:id:me-0shiki:20160418115716p:plain

左上の「電源がはいらない」を選択

f:id:me-0shiki:20160418115716p:plain

最後に自分にあったサポート方法を選びましょう。

今回は電源が入らなくなった場合の対処法を紹介しました。

アップルはサポートが優秀なので、分からないことやトラブルにあった場合はすぐ問い合わせをしてみましょう。

トラブルも詳細に選択することができるので、スムーズに解決できるようになっています!ぜひご活用を!