読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前に呼んじゃ絶対ダメ!リアルすぎて怖すぎるホラー漫画10選

f:id:me-0shiki:20160617183324j:plain

怖いけどなぜかクセになって読んでしまうホラーマンガ。

かなりの中毒性があります。

そんなホラー漫画の中でも、僕が読んできて特に怖かった作品を10つピックアップしました。

幽霊系も、サスペンス系も、人間の怖さについてのホラーマンガも満載です!

1.ミスミソウ

「私の家族は焼き殺された。」

引越し先での壮絶なイジメから、憎しみがどんどんと膨らんでいき、連鎖していく悲劇。

ホラーマンガとっても、怪物や幽霊といったホラーではなく、人間の根本にある怖さをテーマにした作品。

追い込まれたときに人間はどんな行動をするのか、守るものがなくなったときにどんな心理になるのか。

人間の狂気がにじみ出た衝撃の作品。

▼詳しいレビューはこちら www.0shiki.jp


2. 僕らはみんな死んでいる♪

目覚めるとそこは知らない場所だった。

周りにいるのは知らない人々だったが、その共通点はみんなすでに死んでいるということ。

どうして彼ら・彼女たちが集められることになったのかは、神を名乗る奇妙な生き物により語られる。

自身が死んだ原因を思い出しながら、集められた男女8人は「ラブゲーム」を強要される。

そして、そこでカップルになったものだけが、この世界から生き返ることができると告げられる。


3. 恐之本

百物語のような、一話完結型の怖い話が語られてゆく。

ある男は、「決して止めてはいけない駐車場」に車を止めてしまい、恐ろしい霊に取り憑かれて理不尽に命を落とす。

病院で勤務をしているナースが、目の不自由な患者の少女が語る幽霊の話を聞く。

家の中に感じる不自然な人の気配、介錯を頼む男の幽霊により家族が傷つけられていく。さっと読みやすいホラー漫画。


4. 死人の声をきくがよい

主人公の高校生・岸田純はあるとき行方不明の幼なじみの少女の姿を見かける。

しかし彼女は人ではなく、幽霊として純の前に現れた。

幽霊の姿を見ることのできる純は、彼女が死んだことを察した。少女は自分の死の原因を純に伝え、その原因を探ってゆく。

日常の中で潜む恐ろしいホラーと人間の狂気が描かれている。


5. リアルアカウント

「リアルアカウント」と呼ばれる国民の大半が利用をしているSNS。

ある日を境に、このSNSの世界に1万人の利用者が吸い込まれた。

彼らはネット依存に浸っており、彼らをフォローしているフォロワーたちとともに、生死をかけた理不尽なゲームに巻き込まれることになる。

描写がホラーというわけではなく、実際に起こったら怖い...というホラー漫画です。


6. ヒト喰イ

謎の突然死が噂されるようになった背景には、「ヒト喰イ」と呼ばれる噂があった。

研修医である佐々木アキラは、突如不思議な世界に引き込まれ、見知らぬ人々と出会す。

しかしそこは「ヒト喰イ」の巣であり、宿主の空腹が満たされるまでは逃れることが出来ないのである。

「ヒト喰イ」の謎と向き合うサスペンス系ホラー漫画。


7. インフェクション

高校生の天宮晴輝は、ある日同級生たちのいたずらによって、体育館の倉庫に見知らぬ少女とともに閉じ込められる。

本来であればすぐに開けられるはずの扉が、いつまで経っても開かないことに、晴輝は焦りと不安を感じる。

そして数時間が経った時、学校内に突然の悲鳴が鳴り響く。

意を決して脱出をした晴輝たちが見たものは、ゾンビの姿に成り果てた見慣れた同級生たちの姿だった。

ゾンビと化した人々から逃れ、生き残ろうとするサスペンス系ホラー漫画。


8. 百鬼夜行抄

主人公の高校生、飯嶋律は、祖父から受け継いだ不思議な力を持っていた。

彼の目にだけ見える妖怪たちや、祖父の用心棒であった青嵐を用心棒に、不可思議な妖魔たちの世界に否が応にも関わっていく。

恐ろしいのは妖魔だけでなく、人間の悪意がもたらすホラーも注目。


9. カラダ探し

「私のカラダを探して」。

主人公の高校生・明日香は、ある日、同級生の遥から不思議なお願いを受ける。

しかし、その言葉は、校内に密かに伝わる「カラダ探し」という恐怖の始まりだった。

明日香とともに選ばれた生徒たちは、毎夜、校内にバラバラに隠された遥の「カラダ」をすべて探し出さなければならない。

同時に噂される「赤い人」に殺されながら「カラダ探し」を行い、見つかるまでは永遠と同じ一日を繰り返す。


10. 死鬼

外界から遮断されたような村で起こる、不可思議な死を遂げる人が続出する原因。

現代においても未だに古い因習にとらわれ、土葬を行っているこの村で起こるそれは、「起き上がり」たちによる吸血の為だった。

山深い集落で相次ぐ不審な死は、やがて恐怖と「死鬼」たちによる支配に飲み込まれて行く。